深田恭子さんが適応障害

query_builder 2021/05/27
ミスターサプリのブログ
36188834

こんにちは。

ミスターサプリ®です。

突然のニュースで驚きましたが、深田恭子さんが適応障害でお仕事を休まれるそうです。

まさかまさかです。

私の個人的意見ですが、女優さんの中で一番きれいな方だと思っています。

何とか元気になってほしいです。

サプリメントメーカーが言うと宣伝広告のように思われるので、言いにくいのですが、コロナ禍の現代社会では誰にでもありうることなので、あえて言わせていただきます。

脳の栄養成分としてのホスファチジルセリン(PS)の摂取を先ずおすすめします。

PSについては、元々アスリートが、せっかく作り上げた筋肉を落とさないように飲み始めたものです。

アスリートは過酷なトレーニングをするので、時にはそれが肉体的にも精神的にも大きな負担になり、コルチゾールというストレス物質を過剰に出すようになります。

このコルチゾールは、せっかく苦労して作った筋肉を落としてしまいます。

こうなるとトレーニングをすればするだけ筋肉が落ちて、成果を出すことができなくなります。

精神的にはネガティブになり、うつ症の人はコルチゾールが過剰分泌になっています。

コルチゾールホルモンは副腎で作られるので、長期にコルチゾールの過剰分泌が行われると副腎が疲労し、慢性的な疲労感が出てきます。

ホスファチジルセリン(PS)は、このコルチゾールホルモンの出現を遅らせたり、出現を抑えたりしてくれます。

コルチゾールの反対のホルモンがテストステロンです。

テストステロンは男性の代表的なホルモンですが、女性にも必要なホルモンです。

筋肉をつける、大きくする、ポジティブになる、また性欲などにも関わります。

因みにテストステロンの薬剤はドーピング禁止物質です。

更年期障害などの場合、男女を問わず、ホルモン療法として薬剤投与されることもあります。

さて、深田恭子さんですが、もしかしたらコロナ禍での不自由な生活や年齢的に来る体の変調などから考えてコルチゾールが有意に出現している可能性があります。

ネガティブな社会の現状は多くの人にストレスを与えています。

脳は私達の身体の司令塔であります。

ホルモン分泌を司る脳にホスファチジルセリン(PS)という栄養成分を与えて、ストレスに強い脳を作ってもらいたいと考えます。

1日でも早い深田恭子さんの早い回復を祈ります。

このブログを深田恭子さんに見ていただけると良いのですが。

もし深田恭子さんと親しい方がおられましたらホスファチジルセリン(PS)を教えてあげてください。

そして、深田恭子さんと同じようにストレスでネガティブになっておられる方に、ホスファチジルセリン(PS)を積極的に摂っていただきたいと思います。

ではまた。

ミスターサプリ®でした。