老人性難聴

query_builder 2021/04/09
ミスターサプリのブログ
AdobeStock_352722609

年を取ると誰でも耳が遠くなるようですが、もし、少しでも改善できるならば行動を起こすべきと思います。

私の義母は87歳ですが、ありがたいことに電話でもしっかり聞き取りできます。

聞こえなくなると人との会話が嫌になります。

これは認知症やうつ症のきっかけになります。

会話は大切な人と、そして社会とのコミュニケーションツールです。

人と話が聞き取れない、テレビを見ていても聞こえない。

凄いストレスになります。

話相手の家族や友人も、なかなか聞き取ってもらえないので、こちらもストレスになります。

さて、今年になって、東北大学が加齢による聴力低下を抑制するたんぱく質を特定したと発表しました。

細胞を守るたんぱく質「NRF2」が、そのたんぱく質だそうです。

酸化ストレスや炎症を抑制するそうです。

因みに、サプリメントでも有名な、αーリポ酸とコエンザイムQ10で老人性難聴が改善すると発表されています。

こちらも食品ですが、強力な抗酸化力を持っています。

α-リポ酸とコエンザイムQ10は、抗酸化力だけでなく、もっとたくさん健康に欠かせない働きをしてくれます。

この研究では、老人性難聴の発症の仕組みを解明して、α-リポ酸とコエンザイムQ10が老人性難聴の発症を遅延させることを解明されたようです。

東京大学大学院医学系研究科/東京大学医学部付属病院の耳鼻咽喉科・聴覚音声外科や同大学院農学生命科学研究科応用生命科学専攻、その他、海外のウイスコンシン大学やフロリダ大学、ニューヨーク州立大学、ワシントン大学などとの共同研究の成果だそうです。

α-リポ酸とコエンザイムQ10のサプリメントならすぐに手に入りますね。

耳が聞こえにくくなったことで、人と話をするのが億劫になったという人は、ぜひともお試しになられるべきではと思います。

ではまた。

ミスターサプリ®