妊娠中に貧血といわれたら、ヘム鉄サプリが役に立つ

query_builder 2021/09/09
サプリシスターズ
ブログ用写真 花ふわふわ

妊娠中に貧血といわれたら、ヘム鉄サプリが役に立つ



こんにちは!サプリシスターズです!

今日は、もし妊娠中に「貧血です」といわれたら、ヘム鉄を飲んでほしいという話です。


妊娠中は、妊娠していないときよりも貧血になりやすいのはご存じですか?

赤ちゃんができた瞬間から、必要な血液量は増えて、1.5倍になります。ヘモグロビンが相対的に減少し、血清たんぱくや水溶性ビタミンも薄まり、全体として貧血を招きやすい環境になってしまうんです。


出産時に出血は必ず起きますし、授乳する人は母乳は血液ですから血液の必要量は、妊娠前より多い状況が産後も続きます。

妊娠中に貧血といわれたら、とにかく出来るだけ早く貧血の状態を抜け出すことが大切なんです。


ただ、クリニックで貧血と診断された女性たちからよく問い合わせいただくのは、「鉄剤がのめない・苦手」というお話。

鉄剤は、飲んだことがある方ならわかると思いますが、うんちが黒くなったり、飲んだ後に胃がむかついたりと、副作用が出ることがあります。

さらに、その鉄の吸収量は少ないので、副作用を感じながら長期間飲み続けなくてはなりません。

緊急性のある貧血の場合や、早急に鉄を増やす必要のある場合(例えば、全治胎盤と診断されて計画的な帝王切開の日まで日が浅い場合の貧血の強い場合など)は病院で注射や点滴のような形で鉄分を補給することもありますが、基本的に貧血と診断された場合は、服薬での改善を狙うことになります。

鉄剤は、非ヘム鉄なので、いっぺんにの多く飲みすぎると過剰摂取となり体に害を及ぼすので、地道な摂取が必要になります。

なので長期間の服用ということになるのです。


妊娠中は味覚嗅覚が敏感になる人もいて、より鉄剤を飲みづらくなる、吐いてしまうという人がいます。


そんな時、すごく不安だと思いますが、ヘム鉄100%のサプリメントを飲むと貧血状況の改善に役に立てると思います。

ヘム鉄は(製品によりますが)においもなく、飲みやすい、さらに副作用などの心配がとても低いものです。

さらに、サプリメントの場合は、妊娠と同時に薄まりやすい水溶性ビタミン(葉酸など)が配合されたものもありますし、より赤血球を作る助けになる=貧血改善の促進が期待できる、と思います。


メーカーに聞いて、一日の摂取量をどのくらいにするとよいのかなど確認するとより安心だと思います。


アヴ・オヴォにもヘム鉄のサプリメントがあります。もちろん葉酸やビタミンB6、ビタミンB12、銅酵母も含まれていて、妊婦さんにも優しいサプリになっていますので、是非お問い合わせくださいね!