五感を使うことで脳が満足感を記憶するダイエット。

query_builder 2021/02/13
サプリシスターズ
ブログ用写真 フレンチ料理.jpg

こんにちは!サプリシスターズです!


皆さんは、これもういちどたべたいなーわすれられないなーという料理はありますか?

今はSNSが流行っていて、だれもかれもがやっていますよね。

インスタ映えという言葉まで登場し、レストランやカフェ、コロナ禍でのおうち時間でも「映え」を意識している人は多くいるようです。


サプリシスターズもそのうちの一人かもしれません(笑)


今回のブログの記事に載せている写真。

これはコロナが世界に流行するよりもだ~いぶん前に食べたフランスレストランのデザートの一品です。


このレストランへはいつもお世話になっている大好きな先生が連れて行ってくださったのですが、

この日は夏の暑い日。

二人とも暑いね~日本の夏きついね~と言いながらこのレストランへ向かいました。


人気のお店で、予約なしでは入れないのですが、この日は先生が予約してくださっていたのでお席に座ることができました◎


フランス料理は、見た目の美しさやそれぞれの味付けに重きを置いているなと、いただいた回数は少ないですが、毎回感じ、感動します。


テレビなどで、食べる量すくなっ!とコメントしている人を見たことがありますが、(確かにと思いますが・笑)一つ一つの料理が、細かく計算されていて、まさにアートです。

フォークとナイフで丁寧に味わう(時々スプーンでいただく料理もありますね!)ことで、満足し、

会話も弾むし、舌も目も鼻も、そして耳も喜んでいるのを感じます。


そうすると、不思議なことに満腹感がすぐに訪れます。


昔、ある先生に人間が食べれる量はこぶし一つ分といわれたことがあります。

咀嚼して、こぶし一個分に収まる量が十分な量なのだそうです。


フランス料理は、パンもありますし、前菜からサラダなどいろんな品が出てきます。

量は少なく見えますが、よく噛んで、よく味わって、よく考えて、楽しむことで、脳が満足して、満腹だと伝えるのだと思います。

お腹の具合は脳の満足の具合なのかもしれないと、感じます。


そして、この日もそんな感じでたくさんの品を存分に味わって、デザートの前には大満足でお腹いっぱいだね~と話していたのですが、

このお皿が運ばれてきて、衝撃を受けました。


なんて鮮やかな!

夏のじっとりした空気の中に、このさわやかなピンク!そしてなんとこれは紫蘇のソルベだったのです。

紫蘇だからどんな味?と一瞬、想像力が追い付かず不安になりましたが、食べてみるとそのさわやかさたるや!


今でもこのソルベは、もう一度食べたいなと脳が訴えています。


文字通り、満足したある日のランチだったのですが、

脳と一緒に楽しむ食事は、お腹だけではなく、こうして日々を越えていつまでも満足感を記憶しつづけることができます。


ダイエットに失敗する人やダイエットを頑張りたい人は、是非この少量で美味しく楽しいものを少しづつの方法、試してみてください。

もしかするとお役に立てるかもしれません♬



NEW

  • ヤクルトが日本一に!おめでとうございます!

    query_builder 2021/11/28
  • 情報はスマホからという方は気を付けて!

    query_builder 2021/11/29
  • 脳の健康維持が如何に大切か?

    query_builder 2021/11/26
  • 中国の武漢で新型コロナウイルスが検出されたのは2019年11月22日でした。

    query_builder 2021/11/25
  • やっぱり免疫力をあげておくこと!

    query_builder 2021/11/24

CATEGORY

ARCHIVE