春は自律神経の管理が大切春は気温の変化などの変動が激しいため自律神経などのバランスが崩れやすい季節です。原因とは・・・?寒い冬から暖かい春への気温の変化と
1日の最低気温と最高気温の差が、人間のバランスを狂わせる。この変化で、脳が『春が来た』と感じ、代謝が促進される。代謝に欠かせないビタミンB群などが大量に消費されるので
ビタミンB群不足に陥りやすく、疲労・だるさ・眠気に繋がる。冬は寒さに耐えるため交感神経が優位に働き、夏はリラックスするために副交感神経が優位に働く。
春は神経の切り替えの時期のため、不安定になりやすい。脳のバランスを整えることは勿論ですがお食事の中でビタミンB群を積極的に摂ることがお奨めです。《ビタミンB群が豊富な食品》
B1:胚芽、豚肉、レバー、豆類B2:レバー、卵、大豆、乳製品、葉菜類B6:かつお、まぐろなどの魚、レバー、肉B12:魚介類、レバービタミンB群は水溶性なので、食材を調理して摂取するときは、煮汁ごと
利用するとしっかり補えます。また、加熱によって1~5割は失われるので、生で食べられる場合は生で食べることをお奨め致します。