秋を気持ちよく過ごす。秋は、気温も下がって過ごしやすい季節ですが実は体調を崩しやすい時期です。それは、夏場の冷房や冷たい飲み物などによる『夏の冷え』が影響しています。また、季節の変わり目なので、急激な気温の変化、空気の乾燥、日照時間の変化が体に影響を与えます。秋は、快適に過ごしやすい季節です。
秋を気持ちよく過ごすためのポイントをご紹介します。秋の健康ポイント。1.体を温める。体を温めることを意識して、毎日を過ごしましょう。暖かい飲み物やみそ汁スープなどを飲みましょう。シャワーだけでなく、お風呂に入りましょう。また、生姜など体を温める香辛料を使うこともお勧めです。2.水分を積極的にとる。秋は夏に比べると、喉の渇きを感じにくくなります。
そのため、水分補給を意識しておきましょう。水分補給には、常温やお白湯がお薦めです。冷たいお水は、体を冷やしてしまいます。3.早寝早起きする。早寝早起きは、自律神経のバランスを整えて、免疫を高めてくれます。季節の変わり目は、特に早寝早起きで、免疫を高め、強い体を作ることが大切です。4.体を動かす。
秋は、気温も少し落ち着き、外での運動が心地よくなる時期です。日照時間の変化で、気持ちが落ち込みやすくなることもありますので、体を動かして、汗をかいて、リフレッシュしましょう。早朝の太陽の光を浴びながら運動すると、自律神経を整えることに効果的です。
5.食事に気を付ける。秋の食材には、秋に必要な栄養が含まれています。サンマは、たんぱく質が豊富で、胃腸を温めて、夏の疲労を摂ることに最適です。丸ごと食べるのがお薦めです。
その他に、サツマイモや里芋、ナス、ぎんなん、栗、柿など収穫の時期なので、たくさん食材があります。バランスを考えて、気候の変化に負けないよう栄養を摂りましょう。